本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 01日

K様 別荘新築 現場進行状況その2

b0136457_1616147.jpg
この丸太柱は、目通り約30cmの檜の通し柱で

リビングの中央にたつK様邸の大黒柱です。

樹齢は、約50年~60年程です。











b0136457_16161754.jpg
ここでは、通し柱を土台に立てる為の根ほぞを付けているところです。

写真では、解りにくいでしょうが、背割りといって丸太柱に鋸目を入れて

他に少しでも割れが出ないように、鋸目に楔を打ち込んで

強制的に乾燥させ、背割りを広げることで他への割れを防ぐのですが、

それでも 多少の割れが出てしまいます。







b0136457_16163829.jpg
これは、地松の丸太梁で、リビングの天井部に現しとなる

屋根を支える為の構造材です。

ここでの作業は、束柱を立てる為の穴を掘っています。

よく見ると、通し柱同様背割りが入れてあり、

こうすることで割れを防ぐのと梁のねじれを

軽減する効果があります。





b0136457_16175392.jpg
フウチンベースが打ち終わり、鉄筋もしっかりと組み終え 

この後は、コンクリートを流し込む為の型枠が

組まれていきます。






b0136457_16181182.jpg
型枠も組み終えて、最終チェック・・・ 

通りを見ながら調整し

パイプを立てて型枠を固めていきます。






b0136457_16182828.jpg
5月1日! コンクリート打設です。

基礎の高さがあるので、

少しづつ慎重にバイブをかけながら進めて行きます。

ここは、玄関になるところです。




b0136457_16185578.jpg
天気に恵まれ、無事にコンクリートを打ち終えました。

5月14日(木) 大安! 建て方を予定しています。

1日で棟まで一気に組み上げます。1週間ほどで屋根下地まで進む予定です。

5月16日(土)は、平和郷事務所脇の広場で、春のイベントが開催されます。

山菜の天ぷらやうどんなど等・・・無料で頂けますので、K様のご都合が付けば是非足を運んでください! 

この頃は、丁度 山つつじも満開かと思われます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-05-01 16:24 | 建築現場から


<< K様 別荘新築 現場進行状況その3      N様 住宅新築工事 完成お披露... >>