本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 01日

K様 別荘新築 現場進行状況その6

b0136457_13443423.jpg
天井下地が終わり100ミリの断熱材が隙間無く取り付けられました。
この後は、サワラの板を張る予定です。
しかし、5月の内装制限緩和により、火気使用室において
特定不燃材料が必要な範囲から外れた部分には、
「木」が使えるようになったはずですが、
土木事務所に確認したところ、このことが良く解らない?
との返答でした。
万が一駄目な時には、断念せざる終えませんが
改正法が適用される事に期待するしかありません。


b0136457_1345154.jpg
ここは、浴室です。
オレンジ色に見える部分は、防蟻処理をした証拠です。
本来は無色なのですが、それだと本当に散布したか否か
確認しにくいので着色しています。 
着色された板の部分が十和田石を張る範囲で、
その上は檜の無垢板で仕上げます。 
緑色に見えるのは防湿シートで 
壁・天井に隙間無く貼り、湿気を遮断し躯体を保護します。




b0136457_13452627.jpg
外壁に防湿シートが張られ 

窓廻りには両面テープでシートをがっちり密着し

雨の侵入を防ぎます。

間もなくサイディングを張り始めます。





b0136457_1346174.jpg
これはサワラ板といって色は淡いピンクで比較的柔らかい板です。

リビング及び吹き抜けの天井に使用する予定です。  

狂いが少なく湿気に強い木の一つで、調湿性に優れ良い香りがします。

脱衣室の壁・天井にもサワラ板を使います。

ここでの作業は、板の面取りをしている所です。


b0136457_13462514.jpg
ここでは、造作材を加工しています。

小穴カッターを使い、枠材に溝をつけているところです。

全ての入り口枠や窓枠にこの様な手作業の加工を施し

造作材が作られていきます。





b0136457_13464677.jpg
加工の終わった造作材を、超仕上げ(機械で削るカンナ)で

一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

建築現場は順調に進んでおり、

ここまでの作業で雨風の侵入を防げる状態になりました。

ここまでは速く作業が進みますが、

これからは造作作業になり、一つ一つの作業が

今までの様に速く仕上げる内容ではなくなるので、

こつこつと丁寧に進んでいきます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-01 13:48 | 建築現場から


<< K様 別荘新築 現場進行状況その7      K様 別荘新築 現場進行状況その5 >>