本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 30日

店舗新築工事 その2

b0136457_1744328.jpgb0136457_1745857.jpg












大桁仕口の説明です。

シャチ継ぎといって写真左側男木・右側女木を組み合わせて、上から込み栓を2枚打ち込む事で

それぞれを引き付ける代表的な仕口の一つです。

現しとなる大桁の継手は、全てこの工法で加工されています。




b0136457_1752026.jpgb0136457_175323.jpg












これは、丸太梁の仕口でアリ落としといわれる仕口です。逆さの状態を撮影しています。

右の大桁の加工された部分に、上から丸太梁を落とし込んで大桁へ組み合わせていきます。

この様な仕口にする事で、桁と梁をつなぎ合わせてあるので絶対に外れる事はありません。




b0136457_1755422.jpgb0136457_1761042.jpg












この様に加工された丸太梁27本を十字に組み合わせて建てられる建築物は、最近では随分少なくなりまし

た。曲がりくねった梁を組み合わせることを頭の中で考えながら、山で松丸太を切る時から梁算段は、始まっ

ているのです。経験豊富でなければとても出来るものではありません。

建坪64坪の平屋建て店舗の和風建築です。

12月中旬に建て方を予定しておりますので、随時ご紹介して行きます。

基礎工事も順調に進み12月5日には土間コンクリートまで完成させる予定です。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-11-30 17:06 | 建築現場から


<< O.Y様 住宅新築 現場進行状...      店舗新築工事 その1 >>