本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 24日

M様邸 住宅新築工事その2

b0136457_1113650.jpgb0136457_1115168.jpg


















加工された構造材です。

最近では、プレカットと言って工場で機械加工を行うのが殆どの様ですが、

弊社では、今でも大工が墨付けをして、手刻みに拘って加工をしています。

丸太梁やタイコ梁など四角四面ではなく、不揃いで曲がった材料は、プレカットでの加工が出来ません。

初めからプレカットに頼るあまりに、大工が墨付けも出来ず手刻みも覚束無い様では、大工とは言えません。

いかなる材料であっても、大工が墨付けをし、巧みに手刻み出来る技術があってこそ大工だと思う。

刻みをしているのが、現場を担当する時庭です。もちろん彼が、全て墨付けをしています。

刻まれているのは、花梨(無垢)の床柱でM様の寝室に建てられます。

間もなく建て方までの加工は、全て完了します。

基礎工事も同時に進行していますが、雪の影響で少し遅れが出ています。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-01-24 11:01 | 建築現場から


<< M様邸 住宅新築工事その3      U様邸 住宅新築工事その2 >>