2008年 07月 22日

100年住宅のリフォーム 現場から

100年住宅のリフォーム工事が完了しました。
長年に渡り天井で隠されていた丸太梁が
リビングの吹き抜け天井に堂々とその姿を表しました。

b0136457_1141165.jpg
b0136457_11421164.jpg







白い天井に、淡いベージュ色の麻入り珪藻土で仕上げられた壁。
天井に設けたトップライトからは
程よい光が差し込んで丸太梁を引き立てています。
リビングの片隅に耐火煉瓦を積み、そこに設置された薪ストーブも
クリスマスの頃には、薪の炎でお部屋全体が暖められて
身も心も癒される事でしょう。


ランドリーだった場所もリビングと一体化したキッチンに変わりました。

b0136457_1157592.jpgb0136457_1158322.jpg








奥には、押入れだった場所が収納として生まれ変わり
以前の暗くて低かった天井のキッチンと比べると
光も十分に差し込み機能性に優れ使いやすくなりました。
水廻りなので、ゆかはタイル仕上げにしました。



北側にあったキッチンが移動した跡は
ユニットバスと洗面脱衣に造り変えました。

b0136457_129824.jpg
b0136457_12112527.jpg








洗面脱衣の床は、清潔感のあるタイルで仕上げ
壁と天井は檜板を張る事で調湿性確保し
さらに檜の香で癒しの効果が期待できます。
又、床暖房が完備されています。



以前の玄関は、床までの高さがあったので上がり難かったのですが、
お客様から預かっていた欅材を
踏み板・框・床板に加工して、段差を少なくすることで
上がり下りが、とても楽になりました。

b0136457_12211959.jpgb0136457_12215399.jpg
下駄箱も欅でつくられています。
又、コンクリートだった床は、150角のタイルで仕上げることで
玄関をより引き立てています。 




4月1日に着工し、6月中旬で完成の予定でしたが
工事が思うように捗らずに遅れてしまい
お客様にはご迷惑を掛けてしまいました。
しかし、仕上がりにご満足頂けた事で
私も、仕事をさせて頂き感謝しております。
新しくなったお住まいで、
末永く幸せな生活を送られます事を願うばかりです。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-07-22 17:39 | 建築現場から


<< ”平和郷夏祭り”      K様邸 完成 >>