<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 24日

木の住み心地

7.木はダニを寄せ付けない。

木の床の良い所は、素足で歩いた時の心地よさが  まずひとつ。他には、

掃除がしやすく  ほこりがたまりにくい、そして優れた抗菌性や防虫性があり

カビやダニを防ぐ力があります。  特に、檜やヒバなどが優れています。

この特性からしても木の家は、人に良いのが分りますし 特に子供の

成長にふさわしいと言えます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-24 19:09 | 木のはなし
2008年 09月 20日

木の住み心地

6.木は人に優しい。

木は、肌触りが良く目にも優しい、木の節や木目が

自然の良さを与えてくれます。

木は、目に有害な紫外線を吸収し、光を程よく反射します。

又、木の香は病を癒すとも言われています。

木の香成分フィットンチットは、ロシアのトーキンと言う科学者によって

発見されたもので 主に、針葉樹が細菌や原虫類を殺す為に

発散させているものですが、人間には、自律神経に作用し安らぎと

リフレッシュ感を与えてくれます。  
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-20 18:46 | 木のはなし
2008年 09月 16日

木の住み心地

5.木の家は結露に強い。

ガラスや鉄は、結露しやすいのに対して木は結露しません。

結露の発生は、冷たい空気と暖かい空気が接する面に発生しますが、

木には、調湿機能があるため結露しにくいのです。

そのため、寝具や衣類などの保存に適した素材なので

昔から、良く使われてきました。特に桐の木などは有名です。

木の他に、調湿機能に優れた物として珪藻土や漆喰などがあります。

家を建てる時には、これらをバランス良く取り入れることで、結露に強い健康的な

住まいを造る事ができます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-16 08:43 | 木のはなし
2008年 09月 13日

木の住み心地

4.空気の清浄作用と安全性

木造住宅は、適度の通気性により室内の空気をきれいにしてくれています。

1995年 4月、大手プレハブメーカーの建てた新築住宅で、子供が

昏睡状態に陥る事故がおきました。

これは、新建材やクロス貼りに使われた接着剤にホルムアルデヒドが、

含まれていたのが、原因だったようです。

無垢材を使う事で、この様な事故をおこさずにすみます。

内装の仕様に注意が必要です。

食べ物は選べますが、空気は選べません。  要注意

現在の建築基準法では、このような事故を防ぐ為に24時間換気を

義務付けています。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-13 08:53 | 木のはなし
2008年 09月 11日

木の住み心地

3.木は調湿性に優れた素材。

木材は室内の水分を吸収したり、吐き出したりしています。

だから木は生きていると言われています。

木造で造られた住宅は、四季を通じて常に適度な湿度が保たれ

住む人が、快適で健康的な生活を送るための環境を作り出すのに

大きな役割を果たしています。

桐の木が、箪笥の材料として昔から使われてきたのは、まさに

調湿性が優れいるからで、木によっては、抗菌性や防中性に効果を発揮してくれる

ものもあります。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-11 19:18 | 木のはなし
2008年 09月 11日

木の住み心地

2.木は熱を伝えにくい素材。

鉄やコンクリートに触れると冷たく感じます。

これは鉄やコンクリートが体温を奪う現象からです。

木材はこの現象が少なく、木材が体温と同じ位だからです。

また、非常に保温性が高く住み心地が良いのは

木材が自然素材だから人に優しいのでしょう。

クンクリートと比べると床冷えも少なく疲れも少ない素材だといえます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-11 08:26 | 木のはなし
2008年 09月 10日

木の住み心地

1.木の住まい。

木は昔から住まいに用いられてきました。

木造住宅には、自然の恵みがあり優しさを感じることができ

四季と共に生きる木の住まいは健康に良く、心に安らぎを

与えてくれます。

ストレス・美肌・気管などに良いと言われています。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-10 18:43 | 木のはなし
2008年 09月 08日

那須水害10年目イベント

b0136457_16215824.jpg
9月7日(日) 那須町夢プラザで那須水害10年目のイベント!
”ありがとう 感謝祭~再開と交流のとき~那須がつなぐ心と絆”
が開催されました。
10年前の8月27日早朝から8月31日まで降り続いた集中豪雨
5日間の積算雨量1254mm 
これって1年間の65%の雨量にあたります。
被害総額は、なんと 945.3億円でした。



このイベントは、当時水害の時にご尽力下さいました
ボランティアの皆さんが主催されたと伺いました。
大きな会場ではありませんでしたが
歌あり 踊りあり 演奏あり 又 地元の皆さんによる物産市があり
大勢の方が那須水害の復興を喜んでいるのを感じました。
b0136457_16225660.jpg
当時 那須に建築中の現場があったので、
8月29日頃現場が心配で見に行きました。
いつもの橋を渡ろうと行ってみると
橋は、既に濁流によって崩壊していて渡れません。
その様子は、川がまるで滝のように轟音をたてて流れいました。
身震いしながら 慌てて後戻りした事を鮮明に覚えています。
その後、橋を渡れたのは15キロ下流の黒羽の赤橋でした。
朝早く家を出て現場に着いたのは3時頃でしたが
お客様の家が無事だったので本当に安心しました。

写真の崖崩れは、東北本線下り線です。
復旧工事が夜を徹して行われました。
b0136457_16232044.jpg

10年前の那須水害 この時全国から大勢のボランティアの方々が、ご尽力くださいました。
本当に有難うございました。



b0136457_16234619.jpg

自分もこの時、
社団法人黒磯那須青年会議所に所属していて
ボランティアの皆さんと一緒に、
救済活動を5日間行いました。

左は、当時の被害状況表です。
今年は、水害の多い年ですが、
これらは地球温暖化の影響でないかという説もあるようです。
被害に遭われた方々に対し心からお見舞い申し上げますと共に
一日も早い復興ができます様にお祈りいたします。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-08 16:33 | 日常から