<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 20日

O様 別荘新築 現場進行状況その2

b0136457_157418.jpg
6月13日(土) 12tのクレーン車を使って荷降ろしです。

14フィートトレーラー2台分に、構造材及び造作材が積み込ん

であり、6人がかりで分別をしながら降ろしました。






b0136457_158623.jpg
荷降ろしと同時進行で200角の土台を敷いていきます。

前日までに土台を敷くための墨だしをしておいたので、

作業はスムーズにすすんでいます。

15日の月曜日に建て方をします。






b0136457_1582850.jpg
いよいよ建て方当日!梅雨に入り心配していた雨も降らず予定通り着工。

Ks'ファクトリー金子社長自ら陣頭指揮をとっての建て方です。

丸太の通し柱(O様邸の大黒柱)の養生を丁寧に剥がし

建て方の準備です。









b0136457_1584941.jpg
建物のほぼ中心に建てられた丸太の通し柱に、大桁を四方から慎重に差し込んでいきます。

この際金物を使わず雇い実と込み栓で固めていきます。

建物はカナダのティンバーフレーム工法ですが、金子社長の提案で日本独自の仕口を用いています。

柱と土台及び桁の強結にも込み栓を用いています。








b0136457_15114127.jpg
桁や梁の組み方に時間がかかりましたが、その後の作業は順調に進み

棟上げも終了し、垂木打ちまで完了しました。

この後は、通気口を確保しながら野地板を張っていきます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-20 15:14 | 建築現場から
2009年 06月 20日

K様 別荘新築 現場進行状況その10

b0136457_1419167.jpg
薪ストーブを設置する場所です。

内装制限の緩和があったとはいえ、不燃の壁で仕上げなければなりません。

下地材にLGS(鋼製下地材)スタッドを使い、ALC板30mmを壁下地として張っています。

ここにモルタルで下地をし、耐火煉瓦を張ります。



b0136457_1419553.jpgb0136457_14202610.jpg











外壁正面に付け柱をしました。とりあえず2階部分だけを付けてみて1階の矢切壁に付けるかどうかを判断します。

付け柱は不燃材(無塗装品)を使用しています。着色はバランスを見て決めたいと思います。



b0136457_14205334.jpg
床を張り始めました。赤松(ア15mm)の無垢板です。

全て同じ床材を張っていきます。

写真は、2階洋室です。1階のリビングは1/3ほど張り終えています。

全ての床が張り終えると、そこに幅木や額縁を取り付け、いよいよ壁を張っていきます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-20 14:54 | 建築現場から
2009年 06月 11日

K様 別荘新築 現場進行状況その9

b0136457_1422402.jpg
煙突の内部ですが、不燃材を二重張りにし

防火構造に仕上げてあります。

この中に取り付ける煙突は、二重煙突で防火対策も万全です。







b0136457_14231025.jpg
浴室の壁・天井に檜の板を張り終えました。

この下に立つと檜の香りが充満していて

まさに森林浴効果です。

本物ならではの空間と言えるでしょう。






b0136457_14233523.jpg
リビングの天井板(サワラ板)を張り始めました。

足場の上での作業なので、はかどりませんが

一枚づつ丁寧に張っていきます。

断熱材も隙間無く入れられています。

6月10日関東地方も梅雨入り宣言されました。

現場は、雨風に左右されること無く作業出来ますが

やはり雨は降らない方がやり易いので空梅雨であればいいなと思うのですが・・・

こればかりは、天に委ねざるをえません。



b0136457_14242562.jpg
ここは、玄関の天井です。 杉板で仕上げてあります。

壁も杉板を張る予定です。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-11 14:25 | 建築現場から
2009年 06月 06日

O様 別荘新築 現場進行状況その1

b0136457_15115720.jpg
この写真は、2008年12月中旬に撮影した物です。
O様の別荘建築予定地の伐採が行われ後片付けをしている所です。
この仕事は、埼玉県の有限会社ケーズファクトリー様(輸入住宅産業協議会認定)が、カナダまで出向き、現地の大工さんと直接打ち合わせをし、ご自分の目でしっかり品定めをした質の良い材料をお客様に提供出来る様、熱心に取り組まれている社長様からご指名を頂き、お世話になる仕事です。
ケーズファクトリー様のサークルサポーターとしてお世話になり、6年になります。
ティンバーフレーム工法と在来工法の技術を融合させて良い建物になる様に、取り組んでまいります。


b0136457_15121647.jpg
これは、丁張といって基礎工事のために寸法とレベルを示したものです。

年内(2008年度中)に基礎まで完成させようと思ったのです

が、現地が寒冷地だけに、無理をせず2009年3月まで

待つ事にしました。




b0136457_15123671.jpg
2009年3月12日・大安吉日!
基礎工事を着工し4月20日に土間コンクリートまで完成です。
後は、カナダから材料が届くのを待つだけになりました。

5月中旬には、届く予定でしたが新型インフルエンザ問題が発生し、カナダでの出港を見合わせる事態となってしまい出港の目処が付かなくなってしまいました。

一日も早く事態が沈静する事を祈るしかありません。



b0136457_15125449.jpg
梅雨に入ると建物廻りが土で汚れてしまうので、廻りに砕石を敷き込み養生をしました。

足場も掛け終えて、建て方の準備は万全です。

いよいよ6月12日!待ちに待った材料が届きます。

続けて建て方をして梅雨前には屋根まで完成させたいのですが、ぎりぎりになりそうです。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-06 15:13 | 建築現場から
2009年 06月 06日

K様 別荘新築 現場進行状況その8

b0136457_14334937.jpg
煙突の改善工事が終了しました。

煙突内部の仕上げは、不燃材二重張りの耐火壁になっています。

屋根と煙突の取り合いの三角に見える部分は、雪割といって

積もった雪を左右に分裂させ、煙突との付加を無くす役割をするのと、

雨水を左右に上手く流す事で雨漏りを防ぎます。

b0136457_14354821.jpg

屋根棟に付けられた棟換気です。

前回も紹介しましたが、角度を変えてお見せします。

換気棟の脇と上端に設けられた換気口が確認出来ると思います。





b0136457_14395977.jpg
この場所は、棟換気を内側から撮影したものです。

野地板が6cmほど開口されているのがわかるかと思います。

よく見ると、棟換気の内側が白っぽく見えるのは

湿気で錆びない様に発砲ざいで保護されています。

高換気性能型換気棟です。

集中的な雨や台風に対する防水構造になっています。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-06 14:36 | 建築現場から
2009年 06月 03日

K様 別荘新築 現場進行状況その7

b0136457_11262133.jpg
全ての開口部は、写真のように

両面テープで防湿シートをしっかり密着させて

雨の浸入を防ぎます。






b0136457_11272098.jpg
浴室の防湿シートが貼り終え、

この後檜の板を張っていきます。

天井は、勾配を付けて換気扇の効果を高めるようにしています。





b0136457_11274831.jpg
天井に耐火ボードが張られ、

クロスを貼るための下地が完成しました。

この後、クロスを貼る前にジョイント部やビス止めの場所にパテ処理をして乾燥後クロスを貼っていきます。

外に面する壁に100ミリの断熱材がしっかりと入れられました。


b0136457_11282555.jpg
いよいよ外壁・防火サイディングを張り始めました。

1階部分はタイル調で、2階は無地系を張り

正面の屋切り壁面に付け柱をし外観にアクセントを付けます。






b0136457_11285490.jpg
煙突部の再作成です。 
K様のご要望により、タイル仕上げの煙突に直しています。
屋根から1700ミリの高さ800角の煙突です。
タイルは、アンティーク調で外壁に合わせた色で仕上げ
調和をとりたいと思います。
間もなく梅雨入りになるでしょうが
その前にサイディングが張り終えると思います。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-03 11:29 | 建築現場から
2009年 06月 01日

K様 別荘新築 現場進行状況その6

b0136457_13443423.jpg
天井下地が終わり100ミリの断熱材が隙間無く取り付けられました。
この後は、サワラの板を張る予定です。
しかし、5月の内装制限緩和により、火気使用室において
特定不燃材料が必要な範囲から外れた部分には、
「木」が使えるようになったはずですが、
土木事務所に確認したところ、このことが良く解らない?
との返答でした。
万が一駄目な時には、断念せざる終えませんが
改正法が適用される事に期待するしかありません。


b0136457_1345154.jpg
ここは、浴室です。
オレンジ色に見える部分は、防蟻処理をした証拠です。
本来は無色なのですが、それだと本当に散布したか否か
確認しにくいので着色しています。 
着色された板の部分が十和田石を張る範囲で、
その上は檜の無垢板で仕上げます。 
緑色に見えるのは防湿シートで 
壁・天井に隙間無く貼り、湿気を遮断し躯体を保護します。




b0136457_13452627.jpg
外壁に防湿シートが張られ 

窓廻りには両面テープでシートをがっちり密着し

雨の侵入を防ぎます。

間もなくサイディングを張り始めます。





b0136457_1346174.jpg
これはサワラ板といって色は淡いピンクで比較的柔らかい板です。

リビング及び吹き抜けの天井に使用する予定です。  

狂いが少なく湿気に強い木の一つで、調湿性に優れ良い香りがします。

脱衣室の壁・天井にもサワラ板を使います。

ここでの作業は、板の面取りをしている所です。


b0136457_13462514.jpg
ここでは、造作材を加工しています。

小穴カッターを使い、枠材に溝をつけているところです。

全ての入り口枠や窓枠にこの様な手作業の加工を施し

造作材が作られていきます。





b0136457_13464677.jpg
加工の終わった造作材を、超仕上げ(機械で削るカンナ)で

一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

建築現場は順調に進んでおり、

ここまでの作業で雨風の侵入を防げる状態になりました。

ここまでは速く作業が進みますが、

これからは造作作業になり、一つ一つの作業が

今までの様に速く仕上げる内容ではなくなるので、

こつこつと丁寧に進んでいきます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-01 13:48 | 建築現場から