<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

k様 別荘新築 現場進行状況その14

b0136457_15452281.jpg
階段材の加工をしている所です。

階段全体が表しとなり、段ごとの溝を正確に彫るためには高度な技術が必要となります。

一般的にはプレカットでの加工が大半ですが、弊社では全ての作業を自社職人達が責任をもって造りあげます。

加工しているのは、8番弟子の菊地兼一(通称ニモ)です。K様邸現場職長として頑張っています。


b0136457_15454535.jpg
加工が施された材料は全て階段部材で、

ニモが一つ一つ正確に造りあげました。

加工された部材は、ささら板と呼ばれる物です。






b0136457_15461279.jpg
この三角の板は、廻り階段の段板になります。

広い幅が必要な為、はぎ合わせをして造っていきます。

板に付いている金物は”はたがね”という物で、接着をする際にこれを使い両側から締め付けをします。




b0136457_15481262.jpg
階段スペースにささら板が付けられました。

写真を見ても解る様に3・4・5段目の段板が付けられる部分は、曲線状に加工する事により見栄え良く仕上げる事が出来ます。

通常はこのささら板を付けずに廻り階段を治めるやり方が多いのですが、今回は技術を駆使しクオリティーの高い納めにしてみました。


b0136457_15485461.jpg
階段右側に建てられた丸太の大黒柱の奥にキッチンがあり、造り付けの食器棚が出来上がりました。

床から天井までの大きな食器棚で、地袋・天袋・引き出し付き!さらに電子レンジやトースターを置く為のスペースもあり、勿論コンセント装備で丈夫な収納力抜群の食器棚となりました。




b0136457_15492934.jpg
薪ストーブコーナーの床が出来上がりました。

煉瓦の張り方向を対角線状とする事で美的に仕上がりました。

ここはリビングの中心となる場所であり、吹き抜け天井の丸太梁も良く見え、設置される薪ストーブの炎に癒され、至福のひと時を過ごされる事でしょう・・・

7月14日 梅雨明け宣言がされましたが、次の日から連続の雨・・・半月以上じめじめした日が続いています。

木工事は室内の作業なので雨の影響を殆ど受けず順調に進んでおりますが、駐車場や浄化槽敷設は見合わせております。

早く天気になる事を祈るばかりです!
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-07-30 15:50 | 建築現場から
2009年 07月 25日

k様 別荘新築 現場進行状況その13

b0136457_1620141.jpg
浴槽の防水工事が終了致しました。

丸い物が沢山付けられていますが、トンボといってモルタルを塗る為の網をピンで固定するのに付けられています。

浴槽の幅は600mmで予定していましたが、入浴側に200mmの階段を設け内法800mmとしました。

この方が入り易く、腰湯としても利用出来、ゆっくり入浴出来るものと思い変更させて頂きました。

一面は背もたれになっています。



b0136457_16202254.jpg
薪ストーブ設置場所となる耐火煉瓦の壁を張り終えました。

壁の高さは窓の高さに合わせてありますが、予定では1500mmでした。

しかし、火気使用室内装制限の為、左右の窓側に木の枠を使用出来ず耐火煉瓦仕上げとしました。

間もなく床も仕上がります。









b0136457_16204859.jpgb0136457_1621793.jpg
2階洋室の耐火ボードを張り終えました。

この後は、パテ処理をしてクロスを貼れば完了です。

階段室の耐火ボード張りも順調に進んでいます。

間もなく階段取り付けの準備にかかります。

取り付けが始まれば約10日程で終了するかと思います。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-07-25 16:43 | 建築現場から
2009年 07月 21日

O様 別荘新築 現場進行状況その3

b0136457_18271576.jpg
屋根のすぐ内側に通気層を確保しながら野地板を張っていきます。

この通気層を屋根全面に設置し、湿った空気を棟換気口から外に抜く事で結露を防ぐ事ができます。

勾配がきついので慎重に作業が進められていきます。






b0136457_18275562.jpg
通気層を入れながらの作業も無事に完了。

ガルバリウム鋼板まで綺麗に葺き終えました。

この場所は、日光国立公園内にあり

景観条例により色の制限がある為ダークブラウンを選びました。




b0136457_18281860.jpg
ここは、2階の天井部分になる所で 

16k・100ミリの断熱材が隙間無く入れられ

さらに気密シートを張って有ります。

この後に無垢の天井板を張って行きます。

見えている窓は、屋根に付けられたトップライトです。





b0136457_1854555.jpg
2階の勾配天井に無垢の板が張られました。

丸く穴の開いた場所には、ダウンライトが付けられます。

壁に見える開口部には、

これから樹脂サッシが取り付けられていきます。





b0136457_18293951.jpg
1階の床下には、スタイロフォーム(断熱材)が入れてあります。

壁面を見ると解る様にタスキに筋交いが有り、さらに外側に合板を張り耐力壁としています。 

断熱材も隙間無く入れられてその上に気密シートがしっかりと張り終えました。

丸柱は、通し柱で棟まで通っています。

O様邸の大黒柱となります。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-07-21 18:31 | 建築現場から
2009年 07月 14日

k様 別荘新築 現場進行状況その12

b0136457_17194245.jpg
外部の足場が取り外され外観が良く見えるようになりました。

煙突の角トップが設置され、タイルも綺麗に張り終えて

外回りの仕事は、ウッドデッキを残すのみとなりました。

近じか浄化槽を設置しますが、

狭い場所に入れる為一苦労ありそうです。



b0136457_15512193.jpg
浴室の防水下地をしています。

乾燥後防水をしてその上にもう一度モルタル下地を

作りそこへ十和田石を張って行きます。

浴槽は、ブロックで形を作って、さらにモルタルで

成型して行きます。




b0136457_17221436.jpg
ここは、2階の洋室です。

杉の腰板まで張り終えてこの上にクロス下地となる

耐火ボード ァ)12.5mmを張っていきます。







b0136457_15523673.jpg
b0136457_17232582.jpg










1階トイレのカウンターを取り付ける為の高さを、正確に墨出しをしているところです。

曲線状に切り取られた松のカウンターが取り付きました。楕円に切り抜かれた穴には、

益子焼きで紅葉模様の手洗いボールが設置されます。左側には、天井までのたっぷりとした

造り付けの収納が出来ます。



b0136457_17235466.jpg
b0136457_17242520.jpg










キッチンに松のカウンター幅40cmが付きました。廻りの腰板は、全て杉板です。

ワンルームとなる20.3帖のリビングにも同じように腰板を張り、家全体に統一感を

出しています。若干クロス仕上げとなりますが、殆どが無垢材仕様での仕上げとなり

クオリティーの高い内装仕上げとなります。仕上がりが楽しみですね。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-07-14 18:38 | 建築現場から
2009年 07月 08日

K様 別荘新築 現場進行状況その11

b0136457_1510575.jpg
付け柱の塗装が終了しました。 レンガ調の外壁に合わせてチョコレート色に塗りました。

煙突部もレンガタイルを張り終えているのですが、養生してあるので見る事は出来ません。

間もなく目地つめまで終わればその姿を現します。 

近じか、煙突の角トップをのせて外部足場を外します。




b0136457_15102770.jpg
7月6日(月) システムキッチンを取り付けました。

パステルオレンジが、とても素敵です。

反対側に木製カウンターが取り付けられて行きます。

取り付け高さH=750の予定です。








b0136457_15104813.jpg
1階トイレに付ける手洗いボールですが、益子焼きオリジナル品です。世界に一つだけ!

290×260 紅葉柄が素敵な一品です。

このボールに合わせて木製カウンターを切り抜きます。

仕上がってから手を洗うのが楽しみな所ですね。





b0136457_15111089.jpg
リビングの腰板を張り始めました。 

高さは、窓下に合わせて約90cmになります。

一枚一枚丁寧に張って行くので時間は掛かりますが、その分綺麗に仕上がります。







b0136457_15112969.jpg
ここでの作業は、腰板を張る場所ごとに分けているところです。

手間は掛かりますが、こうする事でより見栄え良く仕上げる事が出来るので

欠かす事の出来ない工程になっています。







b0136457_15114651.jpg
2階クローゼットの框を加工している所です。

手元が狂わない様に照明を付けて作業をします。

全て無垢材を使用するので地道な作業ですが、

丈夫でしっかりとした物が出来上がります。






b0136457_151239.jpg
この中に加工された框が、取り付けられていきます。

手前がクローゼットで、下棚・ハンガーパイプ・枕棚が設置されます。

奥が押入れになり、中棚と枕棚が付きます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-07-08 15:14 | 建築現場から