本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 25日

M様邸 住宅新築工事その4

b0136457_17323880.jpgb0136457_17325544.jpg












2月14日 土台敷き、基礎の天端に墨出しをしボルトの位置を土台に正確に

写しドリルで穴をあけて、基礎に設置して行きます。

ここで狂いが出ると建物に歪みが出てしまうので要注意です。

加工された材料を現場に運び建て方の準備完了。

翌日、足場を掛け2月17日の建て方を待つだけです。



b0136457_17331442.jpgb0136457_17332674.jpg
















いよいよ建て方です。現場担当のトキちゃんこと時庭が指揮を取り

7人の大工が、手際良く組み立てて行きます。

クレーンで吊られた桁を柱のほぞにカケヤでたたきながら組み込んでいます。

この日は、棟まで組み上げて作業終了。翌日、2階の隅木・タル木・破風を取付て

野地板(構造用合板)まで打ち付け完了。予定通り工事が進みました。

事故無く、高所の作業は、滞りなく無事に終わり一安心です。



b0136457_1733509.jpgb0136457_173433.jpg
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-02-25 17:34 | 建築現場から
2011年 02月 19日

U様邸 住宅新築工事その3

b0136457_11193599.jpgb0136457_11194940.jpg











那須塩原市・旧黒磯市の現場から~

昨年12月に地盤改良工事も滞りなく完了し基礎工事が始まりました。

べた基礎工法でФ13をタテ・ヨコ 200mmピッチで枡組にしてあります。

地鎮祭の時にお預かりしていた鎮物を、建物の中心に納めました。


b0136457_11202878.jpgb0136457_11204859.jpg












基礎が繋がらない場所は、地盤を下に掘り下げてコンクリートを厚くすることで強度を確保します。

1月28日配筋検査が1級建築士により行われ図面通り適合の承認を頂きました。

翌日、土間コンクリートを打設。

3日間の養生期間をとり、立ち上がりの型枠を設置。

2月4日、コンクリートを流し込み、数時間後にレベルをとる為にレべラーを丁寧に流し入れて行きます。

3月3日の上棟に向けて土台や梁・桁などの刻みも順調に進んでいます。


b0136457_11211892.jpgb0136457_11234392.jpg
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-02-19 11:23 | 建築現場から
2011年 02月 04日

M様邸 住宅新築工事その3

b0136457_17464263.jpgb0136457_17465641.jpg












配筋工事が間もなく完了。

鉄筋直径13mmを15cmピッチで配筋してあります。

人通口の部分は下に掘り下げ、強度をとっています。

土間コンクリートの厚さは15cm。基礎幅15cm。

2月4日コンクリート打設。

ポンプ車を使ってコンクリートを流し込んでいきます。

同時にバイブレーターをかけながらムラがでない様丁寧に打設していきます。

今回の基礎は、土間コンクリートと立ち上がりを同時に打設するやり方で

土間ベースとの縁切れえが生じない強固な基礎に仕上がります。



b0136457_17472083.jpgb0136457_1747356.jpg
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-02-04 17:47 | 建築現場から