<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 12日

K様邸 新築工事 その2

b0136457_11291265.jpg













基礎の鉄筋組です。コーナーの補強及び継手定着長さも十分に確保されています。

べた基礎の多くは、一度スラブコンクリートを打設し、その上に立ち上がり基礎を

再度、打設する工法が一般的ですが、この鉄筋組を見ても解る様に一度にスラブと

立ち上がり基礎を打設する工法です。普通よりも手間が掛かるのはもちろんですが

加えて型枠を組み立てる技術も必要になります。

一度でスラブと立ち上がりを打設するので、当然継ぎ目もなく強度も増すのが解るかとおもいます。







b0136457_11292461.jpg















ポンプ車を使って隅々まで楽に作業が、進みます。







b0136457_11293472.jpg















ポンプ車をコントロールするオペレーターが、自らコンクリートを枠内に流し入れてくれます。








b0136457_11294185.jpg














枠に入ったコンクリート。後を追うようにして、

バイブを掛け玉にならぬよう丁寧に馴染ませて行きます。








b0136457_11294790.jpg













型枠に出したレベル墨が、コンクリートで汚れるため

噴霧器を使って綺麗にしていきます。









b0136457_11295212.jpg














このピンは、天端ビスと言って等間隔にセットされビスの頭でレベルを出し

そこを基準にレベラーを流し入れて、正確な基礎に仕上がります。

基礎屋さん丁寧な仕事ありがとうございました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2013-11-12 11:37 | 建築現場から
2013年 11月 07日

K様邸 新築工事 その1

b0136457_10592521.jpg














先階造り。94.5坪・長年住み慣れた立派なご住まいですが、

この度、解体し木造平屋建てに建て替える事となりました。







b0136457_10593495.jpg













数えきれない程の家族の思い出がいっぱい詰まった家。

お世話になった感謝を告げて、解体が進められました。

お名残惜しいところですが、今は、新居での新しい生活に夢と期待で

思いを巡らせています。








b0136457_10594048.jpg














基礎工事が始まりました。地盤調査の結果念入りな転圧を実施し、べた基礎工法で

工事を進めています。

この後、瑕疵担保保険による配筋検査を行います。








b0136457_10595192.jpg















建て方に向けて、大工さんが手刻みで木材を正確に加工していきす。

最近では、プレカット(工場で機会が加工する)のが多くなっていますが

人見工務店では、職人の育成と伝統技術の継承を含め今でも大工さんによる

手刻みを重視しています。






b0136457_10595721.jpg














大きな構造材に柱のホゾ穴をつけている所です。

建て方までの刻みは、約2週間ほどで完了です。

次回、建て方のご案内をお楽しみに!
[PR]

by hitomi-koumuten | 2013-11-07 11:32