本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ

タグ:リフォーム ( 48 ) タグの人気記事


2014年 03月 13日

I様邸 別荘新築工事その1

b0136457_11243378.jpg














2010年11月那須平和郷の中で別荘建築の計画がスタート。
木造平屋建て約30坪で一部ロフト付。
建築事例写真を参考にするなど希望の別荘を検討。
しかし、東日本大震災により福島第一原発事故の影響で計画を一時停止。
様子を見ざるおえない状況となりました。
今年度の消費税率改正のこともあり、別荘計画を再開。
希望の別荘新築工事がスタートいたしました。





b0136457_11244340.jpg













建築地は、日光国立公園内に属する為に建築許可が出るまでに約二カ月程かかりました。
平成25年11月。造成工事のスタートです。






b0136457_11245069.jpg













12月24日地盤調査。
結果、改良工事をすることとなり鋼管杭を(2.5m)を36本基礎に合わせて打ち込みました。





b0136457_11245753.jpg













平成26年1月基礎工事スタート。時折小雪のちらつく中で36本の鋼管杭に合わせて
鉄筋組が出来上がりました。
1月22日ハウスプラスすまい保険による(一級建築士)の配筋検査を行いました。
何事も無く検査結果は適合を頂き、次の作業工程に進めます。





b0136457_1125666.jpg













基礎コンクリートを流し込む為の型枠もしっかりと組み立てられました。
2月1日コンクリート打設。この日は、朝から天気に恵まれ2月とは思えない暖かさでした。







b0136457_11251526.jpg














土台敷き。基礎の天端に建物の直角墨を正確にだし、その墨に合わせて
土台を取り付けて行きます。作業は、半日程で完成。
建て方を待ちます。






b0136457_11252318.jpg














2月12日 いよいよ建て方開始。建築用の足場も先行設置され安全確保。
7トンクレーン車を配備し次々に構造材が組み立てられて行きます。








b0136457_1125293.jpg














ベテラン大工5人により半日で一階部分は、組み立てられました。
垂直に建物を借り止めし構造用金物を締め付けて、小屋組へと進めます。





b0136457_11253557.jpg














屋根タルキを固定し野地合板を下から順に張り付けて行きます。
勾配が急なので滑らない様に普段より慎重に作業を進めます。





b0136457_11254120.jpg













屋根には、ルーフィング(防水シート)が張られ仕上げのガルバリウム鋼板を張る準備が出来ました。
サッシも取り付けられ外壁面には、透湿シートが張られ雨風の侵入はありません。
室内造作へと進めます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2014-03-13 11:27 | 建築現場から
2014年 01月 10日

M様邸

b0136457_1655448.jpg




2013年12月那須平和郷内にて別荘新築工事予定地。

伐採したあと造成工事が始まりました。













b0136457_1654847.jpg


平均で2メートルくらいは掘削したでしょうか。大きな石が沢山出てきて作業は思うように

はかどりません。しかし、出てきた沢山の石は土留めとして利用することが出来たので

幸いでした。








b0136457_1653822.jpg




道路からのアプローチも上手いに具合に造成出来ています。

アプローチは、出入りがスムーズに出来るように

上下二箇所から乗り入れが可能になっています。













b0136457_1652723.jpg



建物部分の造成も綺麗に仕上がり、1月12日(日)大安に地鎮祭を行う

準備が整いました。今の時期お天気が心配です。

当日は、朝早く竹を切りに行ってまいります。どうか暖かい日でありますように・・・・・
[PR]

by hitomi-koumuten | 2014-01-10 15:57
2013年 11月 12日

K様邸 新築工事 その2

b0136457_11291265.jpg













基礎の鉄筋組です。コーナーの補強及び継手定着長さも十分に確保されています。

べた基礎の多くは、一度スラブコンクリートを打設し、その上に立ち上がり基礎を

再度、打設する工法が一般的ですが、この鉄筋組を見ても解る様に一度にスラブと

立ち上がり基礎を打設する工法です。普通よりも手間が掛かるのはもちろんですが

加えて型枠を組み立てる技術も必要になります。

一度でスラブと立ち上がりを打設するので、当然継ぎ目もなく強度も増すのが解るかとおもいます。







b0136457_11292461.jpg















ポンプ車を使って隅々まで楽に作業が、進みます。







b0136457_11293472.jpg















ポンプ車をコントロールするオペレーターが、自らコンクリートを枠内に流し入れてくれます。








b0136457_11294185.jpg














枠に入ったコンクリート。後を追うようにして、

バイブを掛け玉にならぬよう丁寧に馴染ませて行きます。








b0136457_11294790.jpg













型枠に出したレベル墨が、コンクリートで汚れるため

噴霧器を使って綺麗にしていきます。









b0136457_11295212.jpg














このピンは、天端ビスと言って等間隔にセットされビスの頭でレベルを出し

そこを基準にレベラーを流し入れて、正確な基礎に仕上がります。

基礎屋さん丁寧な仕事ありがとうございました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2013-11-12 11:37 | 建築現場から
2013年 11月 07日

K様邸 新築工事 その1

b0136457_10592521.jpg














先階造り。94.5坪・長年住み慣れた立派なご住まいですが、

この度、解体し木造平屋建てに建て替える事となりました。







b0136457_10593495.jpg













数えきれない程の家族の思い出がいっぱい詰まった家。

お世話になった感謝を告げて、解体が進められました。

お名残惜しいところですが、今は、新居での新しい生活に夢と期待で

思いを巡らせています。








b0136457_10594048.jpg














基礎工事が始まりました。地盤調査の結果念入りな転圧を実施し、べた基礎工法で

工事を進めています。

この後、瑕疵担保保険による配筋検査を行います。








b0136457_10595192.jpg















建て方に向けて、大工さんが手刻みで木材を正確に加工していきす。

最近では、プレカット(工場で機会が加工する)のが多くなっていますが

人見工務店では、職人の育成と伝統技術の継承を含め今でも大工さんによる

手刻みを重視しています。






b0136457_10595721.jpg














大きな構造材に柱のホゾ穴をつけている所です。

建て方までの刻みは、約2週間ほどで完了です。

次回、建て方のご案内をお楽しみに!
[PR]

by hitomi-koumuten | 2013-11-07 11:32
2013年 08月 02日

K邸別荘その2

b0136457_1083181.jpg

サッシの取付。

同時に、天井の下地を施工中。

一つ一つ手造りなので、多少時間は掛かりますが

その分丈夫で長持ちってことです。















b0136457_1081988.jpg






出入り口の木枠を施工中。

インパクトドライバーを使ってビスで固定。













b0136457_108044.jpg







棟換気(屋根の一番高い部分)にとりつけて

室内の暑い空気を外に排気します。














b0136457_11203489.jpg


ルームドライヤー。

お部屋の湿気をパワフル除湿。

これ一台でカビ対策は、バッチリ。

停電があっても自動復帰します。






b0136457_1074461.jpg







換気口。エアトレ

強風や雨の吹き込みを押さえながら

必要換気量を確保する高性能給気セット。










b0136457_1072954.jpg






浄化槽を設置する為の穴。深さ約2メートルほど。

重機で掘るのでアッと言う間に掘ってしまいます。










b0136457_1071528.jpg








合併浄化槽本体とPJ(浸透槽)

ばっ気方式。金魚の水槽にホースで空気を送っているのと

同じ様に浄化槽内部に空気を送り循環させて

自然発生するバクテリアにより浄化する仕組みです。






b0136457_1063820.jpg




吹き抜けのリビング。

一番高い天井にシーリングファンを取付

空気を効率よく循環させます。

b0136457_106566.jpg
















木造平屋建てロフト付。 21.5坪。

那須の大自然を満喫。 深緑と山つつじ

四季折々の美しさが、訪れるたびに心を

癒してくれます。

素晴らしい別荘になりました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2013-08-02 11:16
2012年 10月 29日

K様邸別荘その1

b0136457_11354972.jpg



那須平和郷内の別荘建築予定地。

この場所は、日光国立公園内に属するため自然公園法や景観条例等の規制があり、

伐採をするにも申請後、1ヶ月程伐採許可が出ないなど建築許可が受理されるまで

一般地よりも2ヶ月程時間がかかります。



b0136457_11401465.jpg



地盤調査の結果軟弱な地層がある為、深基礎工法。深さ1500mmで設計されました。

奥に立っている人と比較されると深さのイメージがつくと思います。

底盤には、すでに砕石が敷かれています。

b0136457_11442682.jpg



基礎コンクリートの完成です。幅15Cm

周りを埋め戻すと地上に残る基礎の高さは、40Cmで殆どが、地下に埋まってしまいます。

少しもったいない気がしますが、これで十分な耐力を確保できました。


b0136457_1145132.jpg



5tクレーンをセットしての建て方。大工5人での作業。

一日で、構造物は全て組立が完了です。ベテラン職人により怪我はもちろん無く。

組立も何一つ違わずに無事に建て方を終えました。皆さんお疲れ様でした。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-10-29 12:35 | 建築現場から
2012年 05月 18日

H様邸住宅新築工事その4

b0136457_1641132.jpgb0136457_16412720.jpg












リビングのフローリング張り。ひと昔は、床材を固定するのには、釘を手で一本.一本止めて

いたのですが、今は、機械ですばやく確実に止めてしまいます。

リビングの続きに造られたウッドデッキ。

BQをするのにも十分なスペースをとってあります。

階段施工中。踊り場がありゆったりとした階段です。因みに材質は、ヒバです。





b0136457_16415165.jpgb0136457_16421396.jpg













浄化槽(7人槽)の設置。タンクを据え付けるのにタンク下に、石などの個体が崩れ落ちないように

掘削した部分を板枠で養生を施してから、慎重に設置します。

建具の塗装。ほこり厳禁なのでこの時には、塗装屋さん以外に誰も工事をしていません。





b0136457_16423468.jpgb0136457_1643389.jpg











ウッドデッキも綺麗に塗装が塗られて完成しました。

取り付けられたドアの大手を面材の色に合わせて塗装中。




b0136457_16444163.jpgb0136457_16451214.jpg











玄関ホールからキッチンへとつづき、手前は、半畳敷きの6帖リビングになっていっます。

洗面脱衣室の収納は、大工さんの手作り品で化粧台の残り幅ピッタリに造られています。



b0136457_16454095.jpgb0136457_1646577.jpg











畳コーナーとは、別にもう一つ吹き抜けのあるリビングがあります。

大きなサッシがコーナーに付けられその上にFIX窓を設置。さらにトップライトを

二箇所取り付けてあるので、リビングの隅々まで光がさして、気持ちの良いリビングに

仕上がりました。また、中間にある梁は、二階の床を支える要であると同時に、吹き抜け

の空間に木造ならでわの趣をかもし出しています。手前の丸柱は、天然の絞り丸太です。


b0136457_16462131.jpgb0136457_16464934.jpg













平成23年12月7日に、建て方をし約5ヶ月半大工が手塩に掛けて一つ一つ丁寧に

仕上げて来ました。H様邸もいよいよ完成です。長らくお待たせを致しました。

しかし、これが終わりでわなくこれからが、始まりです。私のことをこの家の

主治医だと思って何でも気軽に相談してください。どうぞ末永く宜しくお願いいたします。

この度の縁。数ある建築会社の中から人見工務店をご指名下さいまして本当に

有難うございます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-05-18 16:49 | 建築現場から
2012年 03月 24日

H様邸住宅新築工事 その3

b0136457_1654742.jpgb0136457_1663199.jpg













ユニットバス取り付け、二人の職人が手際良く組み立ていきます。

浴槽の外側は、厚い断熱材で覆われているので保温対策もバッチリです。




b0136457_1665844.jpgb0136457_1671830.jpg











リビング吹き抜け部のボード張り、少し前までは。カッターを使ってボードを切っていたのですが

今は、集塵付の丸鋸で素早くカットしてしまうので、埃もたたず効率よく作業出来るように成りました。

二階寝室の窓から見える那須連山。建築場所が、河川敷公園のすぐ脇なのでほとんど障害物がなく

四季折々の那須連山を楽しもことができます。




b0136457_1673979.jpgb0136457_168061.jpg











ホタルの里と名付けられた小川と遊歩道(桟橋)が、H邸の直ぐ東側に整備されいます。

約100mほどでここには、水草や草花が沢山植えられていてとても良い環境になっています。

今は、寒いのでまだ何もないのですが、間もなく桜が花を付け最高の散歩コースとなります。







b0136457_1681898.jpgb0136457_1684196.jpg












周りには、沢山の鴨いて今日も仲良くお散歩。歩く姿は、とても愛らしいのでつい見とれてしまいま
す。

いちばん奥に清水池があり、ここでは鴨が群れを成して水面を優雅に泳いでいます。

夏になるとこの池でボートを楽しむ事ができます。






b0136457_169180.jpg











ホタルの里側から見たH邸です。建物は、河川敷公園よりも少し高い場所に建っているので

眺めは、最高。また、2年置きに開催される花火大会がここ河川敷公園で行われるので

H邸は、家にいながらにして特等席で花火を観覧する事が出来ちゃいます。グッドです。

とにかく公園のすぐそばなので、とても良い環境に建築中です。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-03-24 17:14 | 建築現場から
2012年 02月 25日

N様邸住宅新築工事その1

b0136457_1624219.jpgb0136457_16244163.jpg












N様とのご縁は、私どもと40年も前からお付き合いをしている方からご紹介を頂きました。

写真は、地鎮祭の様子です。平成23年11月18日に挙行いたしました。

仕事始めの鍬入れは、ご主人様の大事な役目です。神主により今後の工事が無事故に完成し

又、この家が末永く繁栄しますようにと、祈願していただきました。






b0136457_1625320.jpgb0136457_16252274.jpg











建設予定地は、立木があった山林でした。伐採。伐根をし更地になった土地です。

建物が建つ範囲の柔らかい部分を掘り起こして、そこに砕石を埋め戻して硬く強固な

地盤をつくりました。こうする事で、地震に強いしっかりした地盤に成りました。





b0136457_16253768.jpgb0136457_16255829.jpg











平成23年12月28日、地盤調査。スウェーデン式サウンディング試験。

前もって、表層の改良をしてあったので試験の結果は、良好です。

写真でも解るように、先端が鋭くとがってスクリュウ状になった物で回転させながら

地面を掘り下げて調査を行います。








b0136457_16261720.jpgb0136457_16263144.jpg












丁張り掛けをしている所です。建物より少し大きめに杭を打ちレーザー墨出し器で

杭にレベル墨を写し、そこに板を打ち付けた後に建物の基準となる芯墨を記して丁張りは完成。

これに基づいて基礎工事が進められて行きます。





b0136457_16264775.jpgb0136457_162736.jpg













基礎となるコンクリートを流し込む型枠が完成し、平成24年1月31日コンクリート打設。

養生の期間を十分にとってから、型枠を丁寧に取り外し基礎の完成です。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-02-25 16:27 | 建築現場から
2012年 02月 11日

H様邸新築工事その2

b0136457_1204921.jpgb0136457_121722.jpg











土台と基礎は、アンカーボルトで締め付け固定。

土台と柱は、柱止めプレートを取り付けてさらにフリーダムコナーでしっかりと

固定します。建物の要所は、この様に耐震補強が施されています。

床下の金物は、JOTOの鋼製束を使用。電気亜鉛メッキと黒色クロメート処理で

サビやシロアリを寄せ付けなず耐久性に優れ、アフターメンテナンスも容易な物です。











b0136457_1213251.jpgb0136457_1215712.jpg












床下の断熱材は、旭化成のジュピーを使用。次世代省エネ対応品です。

床に敷いているのは、気密シートです。これを天井と壁に隙間なく貼り付けジョイント部は

テープで固定する事で、建物全体の気密性を高く保つことが可能になり断熱性の優れた住宅

になります。因みに、天井には16kgで100mmの断熱材が2枚重ねになっています。

壁は、16kg・100mmが充填してあります。











b0136457_1221659.jpgb0136457_1223316.jpg















外壁:防火サイディングを張っているところです。長さ3メートルの材を二人で張って

いきます。固定する釘は、釘打ち機で固定されていきます。

天気が良く青空で晴れているとはいえ、少し雪も残っていて気温は、零度と寒い中での

作業ですが、クオリティーの高い仕事をお願いします。もう一息です頑張ってください。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-02-11 12:05 | 建築現場から