タグ:リフォーム ( 48 ) タグの人気記事


2012年 01月 31日

T様邸住宅新築工事その1

b0136457_16463385.jpgb0136457_16465635.jpg














平成23年11月3日地鎮祭を執り行いました。この度のお客様は、わが会長の同級生の

お孫様でございます。

T様の家は、40数年前に人見工務店が建築いたしました。今回、世代を超えて

再び人見工務店で建築が出来ることに対して、感謝の気持ちで一杯です。

期待に背かぬように、存分に腕を振るいたいと思っています。

建て方に向けて刻みも着々と進んでいます。




b0136457_16471374.jpgb0136457_16473252.jpg













平成23年12月24日。瑕疵担保の配筋検査がありました。無事に適合。

鉄筋は、15Cmピッチでタテヨコにしっかりと組み込まれています。

目を閉じて歩いても足を踏み外さないのには、驚きでした。

手前に見えている白い物は、地鎮祭の時にお祓いをし神主から預かった

鎮め物です。建物の中央に納めました。

基礎コンクリートを打設したには、平成24年1月12日。天気に恵まれ凍結の心配はなさそうです。







b0136457_16475011.jpgb0136457_16481236.jpg











1月24日。土台敷き。先行足場も掛け終えて準備は万端です。

土台の下に厚さ2cmの基礎パッキンを敷いて換気をとります。

黒く見えているのがパッキンです。土台の下全てに敷きます。








b0136457_16483564.jpg
b0136457_16484873.jpg





1月27日。建て方。20tクレーンを使い大工6人で作業が進められ

3時頃には、2階梁まで組み終え日が落ちる前に棟まで無事に完成しました。

天気には、恵まれたとはいえ外での作業う。寒さにも負けず又、怪我、事故も無く

無事に終了できたことは何よりです。皆さんお疲れさまでした。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-01-31 17:01 | 建築現場から
2012年 01月 11日

H様邸新築工事そのい1

b0136457_15231489.jpgb0136457_15233469.jpg











今回の建築予定地は、黒磯河川敷公園のすぐ近くです。

平成23年11月に丁張りを掛けて、建て方の準備を始めました。

構造材が表しになる部材を手鉋で仕上げているところです。

墨掛けから刻みまで全て手作業による在来工法です。

基礎の鉄筋もしっかりと組み合わせられコンクリートが、打設されました。




b0136457_15241820.jpgb0136457_1525885.jpg













コンクリートの養生期間として5日間。

いよいよ土台敷です。基礎の上に厚さ2cmの基礎パッキンを敷いてから

土台を乗せていきます。

12月7日 建て方です。現場職長の湯田の指示で着々と建て方が進められて行きます。



b0136457_15253549.jpg
b0136457_15283764.jpg













クレーン車を使っての建て方も一日で無事に終了。

翌日のは、屋根垂木を取り付け三日めには、野地板まで張り終え

平板瓦を乗せられる状態になりました。





b0136457_15292177.jpgb0136457_1529494.jpg














瓦工事に合わせてトップライトを二台取り付けました。

また、棟には1800の換気棟を二台連結で取り付けてあります。

三日間で瓦葺きが終了。



b0136457_15302584.jpg
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-01-11 14:40 | 建築現場から
2011年 12月 16日

A様邸 別荘新築工事その4

b0136457_10321542.jpgb0136457_10324071.jpg


















平屋建て21.5坪 A様邸が完成しました。

洗面脱衣室の壁・天井には、湿気に強いサワラ板を張りました。

檜によく似ていますが、柔らかくて狂いが少ないうえ調湿性にも優れています。

トイレの木製カウンターは、手洗いボウルに合わせて流線状にカットしました。

1mの高さまで杉の腰板を張り、残りはクロスで仕上げてあります。



b0136457_1033936.jpgb0136457_10332644.jpg


















玄関には土足のまま使用出来る収納がついています。

収納内部には3段の棚がついています。

下駄箱は松材を使い造り付けで設置されています。

吹き抜けのリビングには、太い丸太張りが組み込まれており

耐震力を高めています。

奥には6帖の和室があり、さらに3帖の納戸がついています。

対面キッチンの奥には食品庫と造り付けのカウンター付き食器棚があり

使いやすいキッチンになりました。


b0136457_10335730.jpg













屋根はガルバリウム鋼板仕上げ

外壁は防火サイディングを張りました。

9.5mの大きなウッドデッキで見る夜空のほし星は、見渡すかぎりの大きな

プラネタリウム。時を忘れて眺めるも良し。また、満月の夜空を満喫しつつ

月見酒も粋なもの・・・使い方は、色々ですが那須高原の大自然は、貴方のもの!

完成した別荘で、素敵な時間を存分にお楽しみください。

この度の出会いを心から感謝申し上げます。

有難うございました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-12-16 12:10 | 建築現場から
2011年 11月 29日

U様邸住宅新築工事その7

b0136457_1643135.jpgb0136457_16434979.jpg











階段の両脇全体に造られた本棚は、お客様こだわりの収納スペースです。

階段途中の踊り場には読書をする為のカウンターが設置されています。

階段を上がりきったホールにもたっぷりの収納がつくられました。









b0136457_16441097.jpgb0136457_16442899.jpg















洗面脱衣室もお客様の要望で、木製カウンターにボウルを取り付けた

シンプルな化粧台にしあがりました。鏡も特注品です。

ちなみに壁、天井にはサワラ板を使用しました。

テラスの屋根にもこだわりがあり、強化ガラスを張る事でリビングに

沢山の光を取り込む工夫がほどこされています。








b0136457_16444615.jpgb0136457_16451231.jpg
















屋根いっぱいに設置された太陽光発電システム。

合計30枚のパネルで5.5k発電されます。

この家の場合、消費電力よりも発電電力が勝っており月々の使用電気料金が0円で、

買電により若干ですが収益があります。

羨ましい限りですね!

引き渡してから早3ヶ月が過ぎました。

エコキュートや蓄熱ヒーターなどを完備したオール電化住宅に、太陽光発電システムを

設置する事で、ランニングコストのかからない住みごごちのいい快適な住まいになりました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-11-29 16:45 | 建築現場から
2011年 10月 22日

A様邸 別荘新築工事その3

b0136457_1535569.jpgb0136457_15333432.jpg











大切な建物を白アリから守る為に、防蟻処理工事は念入りに行わなければなりません。

工事は、天井に耐火ボードを張っているところです。

断熱材を入れながら二人一組での作業になり段取り良く工事が進められて行きます。



b0136457_15341276.jpgb0136457_15361525.jpg











フローリングを張っている所ですが、一昔前まではフロアー釘で一本一本止めて

張っていたのですが、今では機械を使いワンプッシュで止めてしまいます。

軒天の下地を造っているところです。屋根の角度に合わせて固定されます。




b0136457_15364320.jpgb0136457_15365742.jpg











丸太梁の廻りに(首切り)と言って耐火ボードが隙間なく張れる様に梁に溝を付けています。

鋸とのみを使って手際よく溝が付けられて行きます。

ウッドデッキの工事です。材は全て防腐処理済みの注入材です。

息の合った二人での分担作業!みるみる形になって行きます。



b0136457_15372171.jpgb0136457_15373259.jpg











天井に仕上げのクロスを貼っているところです。

ここでも二人掛かりで作業が進められて行きます。

貼りつける為の糊は、メーターを測りながら機械で糊付けされています。

ここまで来ると、間もなく工事は全て完成になりますが、最後まで気を緩めず

しっかりと管理をしながら進めなければなりません。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-10-22 15:38 | 建築現場から
2011年 10月 03日

住宅建築工事その4

b0136457_1745052.jpgb0136457_17451874.jpg












システムキッチンは、サンウェーブのサンヴァリエ(アミイ)です。

加熱機器は、2口IH+ラジェントヒーターでドアポケットはテレビコマーシャルで

おなじみのパタパタくん。サンウェーブならではのアイディア収納。扉を押すだけで

ぱっと開き、良く使う包丁や菜箸、ラップなどがスムーズに出し入れ出来て

調理し易いキッチンです。

造り付けの食器棚。天井まで隙間なく収納が出来る。

右側のオープンスペースに、レンジやトースターを置きます。

扉カラーは、キッチンのスムースホワイトに合わせてあります。




b0136457_17454024.jpgb0136457_1749452.jpg













ここは、お母さんの寝室です。和室8畳。床の間付き。

障子は猫間。下半分がガラスになっていますが、上半分に同じ大きさの障子が

収納されており、手動で下へスライドさせてガラス部分を塞ぐ事ができます。

左側の建具は、源氏襖といい上部中央に木枠を組み込んであります。

寝室の前に設けた広縁。幅は1.5メートル。寝室に合わせて和風仕上げとし

天井には網代。床には、松の縁甲板を張りました。



b0136457_17502396.jpg











この度は、人見工務店をご指名頂きまして誠に有難うございます。

建物が完成し、引渡しも無事終了致しました。

しかし、これで私共の仕事が終わったのではなくこれからが本当のお付き合いの

始まりだと考えています。快適な生活が送れる様、お住まいのメンテナンスを

して参りますのでお気軽に声をかけて下さい。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-10-03 18:39 | 建築現場から
2011年 09月 30日

M邸住宅新築工事その3

b0136457_17313644.jpgb0136457_1732422.jpg












階段ササラ板の加工をしているところです。

弊社ではプレカットを使わず手刻みをしています。

右の写真は廻り階段部分で、よく見るとササラ板の上部が曲線になっているのが

解るかと思います。

これは、角々の取り合い寸法を合わせる為に曲線になります。

手間はかかりますが、治まりは大変綺麗に仕上がります。








b0136457_17334944.jpgb0136457_17341624.jpg
           
                                                                           










なめらかな曲線状に切り抜いたトイレの手洗いカウンターです。

材料は檜を使用。

腰板には杉材を使用し仕上げに天然ワックスをぬることで

板の表面に皮膜をつくらず調湿性を保つ事ができます。

右の写真は、建具の取り付けをしている所です。

弊社では建具も既製品を使わず全てオーダーメイドで取り付けをしています。






b0136457_17351658.jpg












キッチン取り付けの準備。

取り付け部分の壁にキッチンパネルを貼りつけて、その後レンジフード及び

キッチン本体をセットしていきます。

ここまで来ると仕上げのクロスをはりいよいよ完成も間近です。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-09-30 17:36 | 建築現場から
2011年 06月 25日

A様邸 別荘新築工事その2

b0136457_17144012.jpgb0136457_1715346.jpg












10tクレーンを使っての建方です。

現場を担当する人見を筆頭に、5人の大工が手際よく作業を進めていきます。

午前中でほぼ骨組みまで建て終えました。

リビング天井部に表しとなる丸太梁もぴったりおさまりました。



b0136457_1715274.jpgb0136457_17153988.jpg














下梁と上梁が交差している部分の真ん中に、大栓を打ち込む事により

梁組全体がきしむ事なくしっかりと建物を支えてくれています。

心配していた雨も午前中は降ることなく、午後になって多少降りましたが

3時頃には屋根下地までほぼ完成し、一日で予定通り作業は進みました。

6月24日、屋根の仕上げ材ガルバリウム鋼板葺き完了。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-06-25 17:15 | 建築現場から
2011年 06月 18日

M様邸 住宅新築工事その2

b0136457_16355293.jpgb0136457_1636837.jpg













大切な建物を地震から守るための構造用金物です。

柱と筋交いを壁倍率2倍の金物で固定し、さらに土台と柱をフリーダムコーナーという

金物を使い専用ビスでしっかりと固定します。

このような工事をする事で、東日本大震災のような大きな地震であっても

建物を守る事が出来ます。

右の写真にあるように、根太打が終わった段階で床下に隠れてしまう部材に

防蟻処理をします。

さらに、床上90cm位まで処理を行います。

木材がオレンジ色に見えているところが処理された所です。

5年間の保証書が発行されます。



b0136457_16363088.jpgb0136457_16364227.jpg













茶の間の掃き出しサッシが付く場所に鴨居を取り付ける為、現場職長の時庭が柱の癖を

鴨居に映し込んでいる所です。ちなみに大工用語では鴨居を(ひかる)と称します。

在来工法ではこのやり方以外では取り付ける事が出来ません。

右側の写真は茶箪笥置き場。床材に松の縁甲板を使用。

左側に見えている柱は樹齢200年の秋田杉です。



b0136457_16371730.jpgb0136457_16373558.jpg



















ユニットバスの設置。サイズは1.25坪INAXシステムバスルーム ラ・バスです。

タオル掛けの取り付け位置を水平器を使い正確に墨出しをしています。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-06-18 16:37 | 建築現場から
2011年 06月 11日

U様邸 住宅新築工事その6

b0136457_17353715.jpgb0136457_17355530.jpg











2階ホールの床張りをしています。材は、ナラ無垢(あ)15ミリでクリアー塗装済になっています。

幅が75ミリと狭いので、張るのに通常より時間がか、かりますが、仕上がりは、とても綺麗です。

キッチンは、ナスラックでとてもシンプルなキッチンです。対面式にセットしIHヒーターを使用。

シンクの下は、U様のご要望でオープンスペースにしてあります。







b0136457_17361711.jpg
b0136457_17363122.jpg











階段の取り付けをしています。プレカットを使わず全て手作業で加工し取り付けを行うので

この作業も手間の掛かる部分ですが、全て無垢材で造られますので丈夫でしっかりと出来上がります。

階段の幅は、有効幅1200ミリあり余裕のある仕上がりになります。

階段の途中に踊り場があり、そこに造り付けの机を設置。

読書スペースとして活用し階段廻りには、本棚が取り付けられます。






b0136457_1737789.jpg












建物外観。外壁材は、ガルバ鋼板しん材に断熱材があり裏面にアルミライナー紙が貼ってあります。

ホワイトを基調とし、シンプルで綺麗な仕上がりになりました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-06-11 17:37 | 建築現場から