本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ

タグ:耐火煉瓦 ( 3 ) タグの人気記事


2009年 07月 25日

k様 別荘新築 現場進行状況その13

b0136457_1620141.jpg
浴槽の防水工事が終了致しました。

丸い物が沢山付けられていますが、トンボといってモルタルを塗る為の網をピンで固定するのに付けられています。

浴槽の幅は600mmで予定していましたが、入浴側に200mmの階段を設け内法800mmとしました。

この方が入り易く、腰湯としても利用出来、ゆっくり入浴出来るものと思い変更させて頂きました。

一面は背もたれになっています。



b0136457_16202254.jpg
薪ストーブ設置場所となる耐火煉瓦の壁を張り終えました。

壁の高さは窓の高さに合わせてありますが、予定では1500mmでした。

しかし、火気使用室内装制限の為、左右の窓側に木の枠を使用出来ず耐火煉瓦仕上げとしました。

間もなく床も仕上がります。









b0136457_16204859.jpgb0136457_1621793.jpg
2階洋室の耐火ボードを張り終えました。

この後は、パテ処理をしてクロスを貼れば完了です。

階段室の耐火ボード張りも順調に進んでいます。

間もなく階段取り付けの準備にかかります。

取り付けが始まれば約10日程で終了するかと思います。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-07-25 16:43 | 建築現場から
2009年 06月 20日

K様 別荘新築 現場進行状況その10

b0136457_1419167.jpg
薪ストーブを設置する場所です。

内装制限の緩和があったとはいえ、不燃の壁で仕上げなければなりません。

下地材にLGS(鋼製下地材)スタッドを使い、ALC板30mmを壁下地として張っています。

ここにモルタルで下地をし、耐火煉瓦を張ります。



b0136457_1419553.jpgb0136457_14202610.jpg











外壁正面に付け柱をしました。とりあえず2階部分だけを付けてみて1階の矢切壁に付けるかどうかを判断します。

付け柱は不燃材(無塗装品)を使用しています。着色はバランスを見て決めたいと思います。



b0136457_14205334.jpg
床を張り始めました。赤松(ア15mm)の無垢板です。

全て同じ床材を張っていきます。

写真は、2階洋室です。1階のリビングは1/3ほど張り終えています。

全ての床が張り終えると、そこに幅木や額縁を取り付け、いよいよ壁を張っていきます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-06-20 14:54 | 建築現場から
2009年 04月 01日

N様 住宅新築工事 現場進行状況 その8

b0136457_16495861.jpg
この写真は、3月20日に撮影した物です。

階段ささら桁の加工をしています。

材質は、檜の無垢材。

手作業なので手間隙かかりますが

しっかりとした仕上がりになります。







b0136457_13345173.jpg
ここでは、食器棚を造っている所です。

現場での作り付けなので

隙間なくぴったりに出来上がります。

材質は、もちろん無垢板です。

仕上がりは、後でお見せします。


b0136457_13352753.jpg
階段が綺麗に出来上がり、手摺も付いて

N様もやっと二階を見る事ができる様になりました。

右側の壁に小窓を三つ付ける事で、

脇の通路に光が差し込み、

そこにある収納(本棚)も見やすくなる様工夫しました。







b0136457_13355422.jpg
ここは浴室ですが、デッキ水栓の配管

及び循環金具の穴開けが終了。

腰壁には十和田石が張られ、

この後は浴槽が設置されて床・エプロン・ライニングなど

全て十和田石で造られます。

仕上がりが楽しみです。


b0136457_13362021.jpg
薪ストーブのコーナーに耐火煉瓦が対角線状に綺麗に張られ

壁にも耐火煉瓦を張り、ストーブの高温に十分対応できる

耐火壁に仕上がります。

あとは、ストーブ本体を設置するのを待つだけです。

4月21日の完了検査にむけて、最後の作業になりますが

慌てず丁寧に進めたいと思います。

この後は、完成した所を一気にご紹介いたします。

お楽しみに!!!
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-04-01 16:53 | 建築現場から