本当の日本家屋を追求して

hitomi58.exblog.jp
ブログトップ

タグ:那須別荘 ( 8 ) タグの人気記事


2014年 03月 05日

K様邸 新築工事 その3

b0136457_1447381.jpg













木造平屋建て建て方。大工5人で組み立て開始。

曇り空ですが、作業中に寒さは感じません。

次々と手際よく進行。





b0136457_14475724.jpg













桁の組み立てが終わり構造用金物を取付て次の工程。

小屋組へと作業を進めて行きます。






b0136457_14482389.jpg













屋根下地が完成し平板瓦を葺く準備が整いました。




b0136457_14483614.jpg














室内から見た構造・小屋組の状態です。

大きな梁でしっかり屋根を支えています。



b0136457_14484745.jpg















システムバスルーム・キレイユ

1.25坪。浴槽は、腰かけタイプになっています。

換気乾燥暖房機を装備。






b0136457_1449152.jpg













軒天の工事。

通常は、一人で行う作業ですがここの場所が狭いので二人で

板を張っています。







b0136457_14491284.jpg













リビング~キッチン。

奥に見えているのは、キッチンの背面になるカウンター収納。

左の腰壁は、ケヤキ材。台の上に並べて微調整をしながら

部位ごとに張って行きます。無垢材なので張った枚数分だけの

様々な木目を楽しめます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2014-03-05 14:52 | 建築現場から
2012年 05月 18日

H様邸住宅新築工事その4

b0136457_1641132.jpgb0136457_16412720.jpg












リビングのフローリング張り。ひと昔は、床材を固定するのには、釘を手で一本.一本止めて

いたのですが、今は、機械ですばやく確実に止めてしまいます。

リビングの続きに造られたウッドデッキ。

BQをするのにも十分なスペースをとってあります。

階段施工中。踊り場がありゆったりとした階段です。因みに材質は、ヒバです。





b0136457_16415165.jpgb0136457_16421396.jpg













浄化槽(7人槽)の設置。タンクを据え付けるのにタンク下に、石などの個体が崩れ落ちないように

掘削した部分を板枠で養生を施してから、慎重に設置します。

建具の塗装。ほこり厳禁なのでこの時には、塗装屋さん以外に誰も工事をしていません。





b0136457_16423468.jpgb0136457_1643389.jpg











ウッドデッキも綺麗に塗装が塗られて完成しました。

取り付けられたドアの大手を面材の色に合わせて塗装中。




b0136457_16444163.jpgb0136457_16451214.jpg











玄関ホールからキッチンへとつづき、手前は、半畳敷きの6帖リビングになっていっます。

洗面脱衣室の収納は、大工さんの手作り品で化粧台の残り幅ピッタリに造られています。



b0136457_16454095.jpgb0136457_1646577.jpg











畳コーナーとは、別にもう一つ吹き抜けのあるリビングがあります。

大きなサッシがコーナーに付けられその上にFIX窓を設置。さらにトップライトを

二箇所取り付けてあるので、リビングの隅々まで光がさして、気持ちの良いリビングに

仕上がりました。また、中間にある梁は、二階の床を支える要であると同時に、吹き抜け

の空間に木造ならでわの趣をかもし出しています。手前の丸柱は、天然の絞り丸太です。


b0136457_16462131.jpgb0136457_16464934.jpg













平成23年12月7日に、建て方をし約5ヶ月半大工が手塩に掛けて一つ一つ丁寧に

仕上げて来ました。H様邸もいよいよ完成です。長らくお待たせを致しました。

しかし、これが終わりでわなくこれからが、始まりです。私のことをこの家の

主治医だと思って何でも気軽に相談してください。どうぞ末永く宜しくお願いいたします。

この度の縁。数ある建築会社の中から人見工務店をご指名下さいまして本当に

有難うございます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-05-18 16:49 | 建築現場から
2012年 03月 24日

H様邸住宅新築工事 その3

b0136457_1654742.jpgb0136457_1663199.jpg













ユニットバス取り付け、二人の職人が手際良く組み立ていきます。

浴槽の外側は、厚い断熱材で覆われているので保温対策もバッチリです。




b0136457_1665844.jpgb0136457_1671830.jpg











リビング吹き抜け部のボード張り、少し前までは。カッターを使ってボードを切っていたのですが

今は、集塵付の丸鋸で素早くカットしてしまうので、埃もたたず効率よく作業出来るように成りました。

二階寝室の窓から見える那須連山。建築場所が、河川敷公園のすぐ脇なのでほとんど障害物がなく

四季折々の那須連山を楽しもことができます。




b0136457_1673979.jpgb0136457_168061.jpg











ホタルの里と名付けられた小川と遊歩道(桟橋)が、H邸の直ぐ東側に整備されいます。

約100mほどでここには、水草や草花が沢山植えられていてとても良い環境になっています。

今は、寒いのでまだ何もないのですが、間もなく桜が花を付け最高の散歩コースとなります。







b0136457_1681898.jpgb0136457_1684196.jpg












周りには、沢山の鴨いて今日も仲良くお散歩。歩く姿は、とても愛らしいのでつい見とれてしまいま
す。

いちばん奥に清水池があり、ここでは鴨が群れを成して水面を優雅に泳いでいます。

夏になるとこの池でボートを楽しむ事ができます。






b0136457_169180.jpg











ホタルの里側から見たH邸です。建物は、河川敷公園よりも少し高い場所に建っているので

眺めは、最高。また、2年置きに開催される花火大会がここ河川敷公園で行われるので

H邸は、家にいながらにして特等席で花火を観覧する事が出来ちゃいます。グッドです。

とにかく公園のすぐそばなので、とても良い環境に建築中です。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-03-24 17:14 | 建築現場から
2011年 01月 24日

M様邸 住宅新築工事その2

b0136457_1113650.jpgb0136457_1115168.jpg


















加工された構造材です。

最近では、プレカットと言って工場で機械加工を行うのが殆どの様ですが、

弊社では、今でも大工が墨付けをして、手刻みに拘って加工をしています。

丸太梁やタイコ梁など四角四面ではなく、不揃いで曲がった材料は、プレカットでの加工が出来ません。

初めからプレカットに頼るあまりに、大工が墨付けも出来ず手刻みも覚束無い様では、大工とは言えません。

いかなる材料であっても、大工が墨付けをし、巧みに手刻み出来る技術があってこそ大工だと思う。

刻みをしているのが、現場を担当する時庭です。もちろん彼が、全て墨付けをしています。

刻まれているのは、花梨(無垢)の床柱でM様の寝室に建てられます。

間もなく建て方までの加工は、全て完了します。

基礎工事も同時に進行していますが、雪の影響で少し遅れが出ています。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-01-24 11:01 | 建築現場から
2011年 01月 17日

M様邸 住宅新築工事その1

b0136457_164564.jpgb0136457_16452533.jpg












今回の工事は、16年前に新築工事でお世話になったH様の妹さんが

新天地に移住する事になり新築工事の依頼をいただきました。

建築予定地は、新興住宅地で分譲された静かでとても良い場所です。

基礎工事前に道路から奥の西側と向かって右の北側に塀工事を先行して着工しました。

1月15日の大安に丁張りを行い、基礎工事をスタートしよう思っていたのですが

この日夕方から雪が降り始め、翌日には10cmほど積もりました。

日中はほとんど解けたのですが、翌日の朝起きてみると 

なんとまた雪が積もっているではないですか!

冬なのですから仕方がないのですが、工事が遅れるのは困ります。

天気が、続く事を祈るばかりです。


b0136457_16454538.jpg
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-01-17 16:45 | 建築現場から
2010年 04月 21日

那須別荘 K様増築工事 その4

b0136457_10342899.jpgb0136457_10344836.jpg










窓は三共立山の竪すべり出し窓を使用し、既存のマービン社製に合わせるためグリーンに着色しました。

見た目には、まったく同じように仕上がりました。

天井にカーテンボックスを取り付けています。この後に廻り縁を付ければ木工事は、完了です。



b0136457_10353439.jpgb0136457_10354765.jpg
















木部に塗装開始!既存に合わせて真っ白に仕上げられて行きます。

塗装が完成次第壁ボードにパテ処理をし、クロスを貼った後に照明器具を付けたら内装工事は完成です。

増築される予定場所に立っていた雑木をストーブ用の薪にしてウッドデッキの上に重ねておきました。

立木を40cmに管切りし、全て割るのに2人でまる一日掛かりでした。

2tトラック約1台分の薪になりました。




b0136457_1036732.jpg











増築前に心配いていた既存との調和!

屋根も外壁も見た目には同じに見える様に仕上がりました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2010-04-21 10:36 | 建築現場から
2010年 03月 26日

那須別荘 K様増築工事 その1

b0136457_16431054.jpgb0136457_16432469.jpg











昨年12月、東京在住のK様より那須にある別荘増築工事のご依頼を頂きました。

G・Wまでに完成の予定で計画を立てております。

別荘所在地が那須という事もあり、雪解けを待って3月6日に伐採を始め

3月24日、無事に基礎工事が完了し、3月29日から建て方を予定しております。

既存と増築部分の調和を崩したくないとのご要望があり、新築当初の材料を調査したところ

廃版品になっており、材質選びに苦心しました。

屋根及び外壁は、全く同じものではありませんが何とか似た様な物を探すことが出来ました。

既存の建物はツーバイ工法で建てられていますが、今回は在来工法で増築します。

約一ヵ月の工事ですがK様にご満足頂けるよう一生懸命に造っていきます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2010-03-26 16:43 | 建築現場から
2010年 03月 15日

那須別荘 M邸新築工事 その1

b0136457_16385937.jpg











M様の別荘建築予定地です。

場所は”那須平和郷分譲地内”で、避暑地として最高の場所です。

近くに天皇陛下の御用邸もあり、四季折々の恵まれた自然を楽しむ事が出来ます。

この写真は昨年9月に撮影されたものです。

この別荘は”犬と一緒に週末を過ごす家をテーマに”明るく開放的な建物に仕上げる予定です。




b0136457_16403512.jpg












平成21年12月4日!地盤調査を行いました。

この後すぐに伐採工事をする予定でしたが、雪が降ってしまい様子を見る事となってしまいました。



b0136457_1639371.jpg
b0136457_1640844.jpg













12月29日! 降り積もった雪もほとんどとけて、いよいよ伐採開始です。

熟練した二人の職人さんにより次々と立木が切り倒され、重機を使いながら安全に作業が進められました。



b0136457_16405359.jpg











平成22年3月15日!地盤調査結果に基づき、湿式柱状改良工事のため重機が搬入されました。

機械の先に付いているドリルの様な物はロッドと呼ばれ、地盤に穴をあけ先端から硬化剤が噴出されます。





b0136457_16412059.jpgb0136457_16413034.jpg












改良工事のやり方としては、右の写真にある粉体のセメント系硬化剤と水を予めトラックの荷台にあるプラント

で撹拌して、セメントミルクを作り、それをポンプで圧送しロッドの先から噴出させて地中で土とスラリー状にな

るまで混合・撹拌して杭を作る工法です。直径500mm、深さ2m~4mの杭を32箇所設置します。

工事完了後、養生期間を経て基礎工事を始めます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2010-03-15 16:41 | 建築現場から