タグ:那須高原 ( 8 ) タグの人気記事


2014年 05月 23日

K様邸 新築工事 その4

b0136457_1413436.jpg













K様邸が完成いたしました。木造平屋建て44坪。

元の家は、木造二階建て先階造りの立派な住まいでした。

今回、おばあちゃんと夫婦三人暮らしで、大き過ぎて手入れが大変だった家。

今は亡きお爺ちゃんや嫁いでしまった二人の娘さん達と長年に渡り沢山の思い出が

ぎっしりと詰まっていた家を思いっ切って取り壊し、今後の生活を快適に過ごせる住まい造りを決意。

段差のないバリヤフリーで無垢材をふんだんに使った

健康的でゆったりと寛げる住宅に仕上がりました。











b0136457_14135840.jpg













玄関の上り框・下駄箱材や飾り棚は、元の家の材料をリサイクルしました。

間口4550で広々とした空間に格天井を施し、飾り棚の角柱には

天然の絞り丸太を建てました。結構高額です。でも、プレゼントなんですYO。

写真では、伝わりにくいのでしょうが旅館にでも来たような味わいに仕上がっています。














b0136457_14141228.jpg
b0136457_14143187.jpg














リビングとキッチンは、今時人気のワンルーム対面キッチン。

一部吹き抜けにしたことで、広い空間となりゆっくり寛げるリビングになっています。

奥の壁には、大型の蓄熱暖房器を完備。他にもおばあちゃんと夫婦の寝室に設置。

真冬でも快適に過ごせる部屋になりました。















b0136457_14145130.jpg













キッチンは、リクシルのアミイ間口255cm対面タイプにIHヒーターと食洗機を完備。

バックヤードには、コンパクトな家電収納が付いています。

まだまだ収納スペースが沢山付いています。ご覧になりたい方OKかも?

ご一報くださいね。















b0136457_1415116.jpg












トイレは、自動開閉でオート洗浄機能。

カウンターは、ホテルのような佇まいを演出し自動で吐水・休止。

さらにほのかなライトが手元を照らし夜でも安心です。

腰壁に杉板をセレクト。調質効果が期待できます。


平成25年9月に既存住宅を解体し仮住まい生活をしながら約7ヶ月

不便な生活に耐えて念願の新居が完成。

新しい住まいでの生活が始まりました。K様が快適なライフスタイルを

送られることを心から願っています。

数多い建設会社の中から人見工務店をご指名いただきまして

誠に有り難うございました。

今後とも末永いお付き合いを宜しくお願いいたします。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2014-05-23 14:22 | 住宅
2013年 08月 02日

K邸別荘その2

b0136457_1083181.jpg

サッシの取付。

同時に、天井の下地を施工中。

一つ一つ手造りなので、多少時間は掛かりますが

その分丈夫で長持ちってことです。















b0136457_1081988.jpg






出入り口の木枠を施工中。

インパクトドライバーを使ってビスで固定。













b0136457_108044.jpg







棟換気(屋根の一番高い部分)にとりつけて

室内の暑い空気を外に排気します。














b0136457_11203489.jpg


ルームドライヤー。

お部屋の湿気をパワフル除湿。

これ一台でカビ対策は、バッチリ。

停電があっても自動復帰します。






b0136457_1074461.jpg







換気口。エアトレ

強風や雨の吹き込みを押さえながら

必要換気量を確保する高性能給気セット。










b0136457_1072954.jpg






浄化槽を設置する為の穴。深さ約2メートルほど。

重機で掘るのでアッと言う間に掘ってしまいます。










b0136457_1071528.jpg








合併浄化槽本体とPJ(浸透槽)

ばっ気方式。金魚の水槽にホースで空気を送っているのと

同じ様に浄化槽内部に空気を送り循環させて

自然発生するバクテリアにより浄化する仕組みです。






b0136457_1063820.jpg




吹き抜けのリビング。

一番高い天井にシーリングファンを取付

空気を効率よく循環させます。

b0136457_106566.jpg
















木造平屋建てロフト付。 21.5坪。

那須の大自然を満喫。 深緑と山つつじ

四季折々の美しさが、訪れるたびに心を

癒してくれます。

素晴らしい別荘になりました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2013-08-02 11:16
2012年 10月 29日

K様邸別荘その1

b0136457_11354972.jpg



那須平和郷内の別荘建築予定地。

この場所は、日光国立公園内に属するため自然公園法や景観条例等の規制があり、

伐採をするにも申請後、1ヶ月程伐採許可が出ないなど建築許可が受理されるまで

一般地よりも2ヶ月程時間がかかります。



b0136457_11401465.jpg



地盤調査の結果軟弱な地層がある為、深基礎工法。深さ1500mmで設計されました。

奥に立っている人と比較されると深さのイメージがつくと思います。

底盤には、すでに砕石が敷かれています。

b0136457_11442682.jpg



基礎コンクリートの完成です。幅15Cm

周りを埋め戻すと地上に残る基礎の高さは、40Cmで殆どが、地下に埋まってしまいます。

少しもったいない気がしますが、これで十分な耐力を確保できました。


b0136457_1145132.jpg



5tクレーンをセットしての建て方。大工5人での作業。

一日で、構造物は全て組立が完了です。ベテラン職人により怪我はもちろん無く。

組立も何一つ違わずに無事に建て方を終えました。皆さんお疲れ様でした。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2012-10-29 12:35 | 建築現場から
2011年 01月 17日

M様邸 住宅新築工事その1

b0136457_164564.jpgb0136457_16452533.jpg












今回の工事は、16年前に新築工事でお世話になったH様の妹さんが

新天地に移住する事になり新築工事の依頼をいただきました。

建築予定地は、新興住宅地で分譲された静かでとても良い場所です。

基礎工事前に道路から奥の西側と向かって右の北側に塀工事を先行して着工しました。

1月15日の大安に丁張りを行い、基礎工事をスタートしよう思っていたのですが

この日夕方から雪が降り始め、翌日には10cmほど積もりました。

日中はほとんど解けたのですが、翌日の朝起きてみると 

なんとまた雪が積もっているではないですか!

冬なのですから仕方がないのですが、工事が遅れるのは困ります。

天気が、続く事を祈るばかりです。


b0136457_16454538.jpg
[PR]

by hitomi-koumuten | 2011-01-17 16:45 | 建築現場から
2009年 09月 24日

O様 別荘新築 現場進行状況その5 完成!

b0136457_11425124.jpg

ティンバーフレーム工法のO様邸!いよいよ完成です。

外壁材はウエスタンレッドシダーを使用し

板を羽重ねにして張る下見板張りで仕上げ

屋切り部分は防火サイディングを使用しました。

褐色色の木部と白のサイディングのコントラストが素敵です。


b0136457_11433583.jpgb0136457_1143578.jpg








システムキッチンはカナダ製で、キャビネットはもちろん全てスライド式なってにおり、使い勝手は抜群です。

天板も幅広になっていて調理し易い対面式になっています。

正面引き戸の奥は和室になります。縁なし半畳を敷き込み真中に掘り炬燵を設置。

南面には大きなウッドデッキがあり、ゆったりとくつろぐことが出来る和室に仕上がりました。



b0136457_11444440.jpgb0136457_1145349.jpg




二階ロフトは、仕切りのないフリースペース三角窓

や上げ下げ窓をお洒落に設置し明るい空間となりました。

中央のドアからウッドデッキに出ると、

Ks‘ファクトリー金子社長様よりプレゼントされた無垢のベンチが置いてあり、ビール片手に夏の澄みきった

夜空の星を眺めたり秋には、お月見など大自然を満喫いただけます。

浴室は十和田石で仕上げ、水に濡れると鮮やかなグリーンになり気持ちよく入浴できます。

残りの壁・天井は、檜無垢板で仕上げてあり浴室内は、檜の香りでリラクゼーション効果バッチリです。

又、大きな窓から見える四季折々の景色もお楽しみいただけます。



b0136457_114535100.jpg


立派なガゼボですね! 日本で言う東小屋です。

建物と一緒にカナダから輸入されたものです。サイズは、3m×3m

8角形で、材料は全て水に強いウエスタンレッドシダーで造られています。

全パーツが組み立てるだけに加工されているので、器用な方でしたらご自分でも組み立て可能です。

緑あふれる那須高原!こんな場所でBBQなどしたら最高ですね。

O様完成おめでとうございます。

この度は、Ks‘ファクトリー社長様を会してのお仕事となり、丹精込めて仕上げさせて頂きました。

これからのお付き合いを大切にしたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。 有り難うございました。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-09-24 11:45 | 建築現場から
2009年 09月 11日

O.Y様 住宅新築 現場進行状況 その1

b0136457_1795434.jpg
b0136457_17165461.jpg








昨年の12月、那須平和郷分譲地内においてOK様の建築予定地の伐採を行いました。

平成21年度中の完成を目指し、着々とプラン等の細部に到る計画をたてて来ました。

敷地は奥行きが広く間口が狭い上に建ぺい率などの制限があるため、間取りを考えるのに苦労しましたが

お客様との打ち合わせを重ね、5回目のプランで間取りが決まりました。

着工日はお客様のご都合により、7月に予定されました。



b0136457_17171668.jpg
b0136457_17173218.jpg







7月31日!いよいよ地盤調査が実施されました。

地盤調査の結果、報告書に基づき適切な設計が行なわれ、確認申請の手続きが終了しました。

8月10日 確認済証が交付され重機を使って基礎の根掘りが始まりました。

設計に基づき深さ1.2Mまで掘削していきます。



b0136457_17185433.jpg
b0136457_17194460.jpg








建設される場所は、寒冷地なので凍結深度をふまえ通常0.8Mの根掘りをするのですが、

今回は地盤調査結果に基づき設計された図面に基づき1.2Mの深さで正確に根掘りが行なわれました。

掘削された定盤は、砂利及び粘土層でした。

9月10日 基礎を造るための捨てコンクリートの打設が行なわれました。

この後は、鉄筋加工が行なわれベースや立ち上がりコンクリートを打つ為の型枠が組まれて行きます。

鉄筋組が終了した時点で設計士により配筋検査が行なわれ、不備が無い様に確実な工事が行われます。




b0136457_17292240.jpg
b0136457_1729913.jpg








リビング吹き抜け部分に取り付けられる丸太梁です。

この梁は昨年12月に伐採されこの様な状態に準備しておいた物で、9ヶ月間に渡り保存され十分に乾燥しています。

通常は建設が予定されてから伐採が行なわれ、乾く間もなく使用するため丸太梁のねじれを防ぐ事が難しいのですが

今回は乾燥期間を十分取る事が出来たので、殆ど捻じれる事無くきれいな仕上がりが期待出来ます。

墨付けをしている大工は、6番弟子の薄葉です。O.Y様邸の現場担当を致します。

いくつもの現場を担当し、確かな技術と強い責任感を持って仕事をして来ました。

安心して任せる事のできる大工ですのでご安心下さい。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2009-09-11 17:05 | 建築現場から
2008年 09月 08日

那須水害10年目イベント

b0136457_16215824.jpg
9月7日(日) 那須町夢プラザで那須水害10年目のイベント!
”ありがとう 感謝祭~再開と交流のとき~那須がつなぐ心と絆”
が開催されました。
10年前の8月27日早朝から8月31日まで降り続いた集中豪雨
5日間の積算雨量1254mm 
これって1年間の65%の雨量にあたります。
被害総額は、なんと 945.3億円でした。



このイベントは、当時水害の時にご尽力下さいました
ボランティアの皆さんが主催されたと伺いました。
大きな会場ではありませんでしたが
歌あり 踊りあり 演奏あり 又 地元の皆さんによる物産市があり
大勢の方が那須水害の復興を喜んでいるのを感じました。
b0136457_16225660.jpg
当時 那須に建築中の現場があったので、
8月29日頃現場が心配で見に行きました。
いつもの橋を渡ろうと行ってみると
橋は、既に濁流によって崩壊していて渡れません。
その様子は、川がまるで滝のように轟音をたてて流れいました。
身震いしながら 慌てて後戻りした事を鮮明に覚えています。
その後、橋を渡れたのは15キロ下流の黒羽の赤橋でした。
朝早く家を出て現場に着いたのは3時頃でしたが
お客様の家が無事だったので本当に安心しました。

写真の崖崩れは、東北本線下り線です。
復旧工事が夜を徹して行われました。
b0136457_16232044.jpg

10年前の那須水害 この時全国から大勢のボランティアの方々が、ご尽力くださいました。
本当に有難うございました。



b0136457_16234619.jpg

自分もこの時、
社団法人黒磯那須青年会議所に所属していて
ボランティアの皆さんと一緒に、
救済活動を5日間行いました。

左は、当時の被害状況表です。
今年は、水害の多い年ですが、
これらは地球温暖化の影響でないかという説もあるようです。
被害に遭われた方々に対し心からお見舞い申し上げますと共に
一日も早い復興ができます様にお祈りいたします。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-09-08 16:33 | 日常から
2008年 07月 22日

K様邸 完成

b0136457_1647799.jpg
那須で建築していたK様邸が、完成しました。
床面積15坪とコンパクトですが
無駄の無い間取りで使いやすい
別荘に仕上がりました。 


b0136457_1647347.jpg

キッチンは、コンパクトではありますが
背面にミニカウンター付の造り付け食器棚を完備。
調理器は、IHヒーターに両面焼きグリルになっています。
機能性に優れた使いやすいキッチンになりました。

b0136457_16475227.jpg








リビングは9帖ほどですが
キッチンとワンルームにすることで奥行きがあり
見た目よりも広く感じます。
又、キッチンからリビングの奥にある部屋まで見えるので、
奥様がキッチンで料理しながら家族と会話を楽しめます。
b0136457_16481049.jpg

洗面脱衣は、檜の板をはる事で調湿性が良くなるのと同時に、
檜が持つ殺菌作用によってカビの発生を抑える効果があり、
さらに、檜の香が癒してくれます。
床には、点検口を設置し床下収納として使う事も可能です。 

b0136457_16483268.jpg







脱衣室からつづくトイレの壁には、腰板を張り柿渋で仕上げる事で防虫・防水・防腐
抗菌効果があり、塗った色は淡褐色の艶のあるものに仕上がり、木目も楽しめる
品の良いトイレになりました。
b0136457_1648475.jpg




大きな別荘ではありませんが
2LDKで動線に無駄の無い間取りで日当たりも良く
とても使いやすいものになっています。


K様におかれましては、那須の避暑地に建てられました別荘で快適な夏をお過ごし下さい。
又、那須は、雪景色・新緑・紅葉と1年を通して楽しみが満載で、
温泉地としても有名な場所なので、飽きることなく別荘をお使い頂けるとおもいます。
[PR]

by hitomi-koumuten | 2008-07-22 17:02 | 建築現場から